【ごあいさつ】


代表   坂本 慶子

憧れのバレエ   光り輝く舞台、バレリーナ達の美しさ!            

  初めてバレエを見た時の感動は今でも心に残っています。
私自身も「バレエが好き」という思いからスタートして、
奥深いバレエに魅了されている一人です。

当スタジオは「女性が楽しく、美しい心と体をつくるバレエスタジオ」です。

一緒に楽しいバレエを始めましょう!

バレエが皆さんをキラキラ輝かせますように、心より祈っております。  



【経歴】


5歳よりバレエを始める  

蛭田文子に師事


1989年  ロシア  ワガノワバレエアカデミーへ短期留学

1991年  正式留学
タチアナ・ウダレンコワに師事

アカデミー公演「くるみ割り人形」では外国人初の主役に抜擢される

1993年  卒業後、レニングラード国立バレエ(現 : ミハイロフスキー劇場)の芸術監督に誘われ入団

1996年 チェコ共和国立  プラハ国民劇場へ移籍

「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「ジゼル」「海賊」をはじめとする古典作品で主役をつとめ、バランシンやアルビンエイリー、キリアンの作品でも活躍

アメリカ、フランス、イタリア、フィンランド、スペインなど世界各地で客演

2005年  帰国するまで15年間ソリストとして数多くの舞台に立つ

現在は海外での豊富な経験を生かし、各地で指導する

2015年1月  
坂本慶子バレエスタジオ  開講

2016年4月より
梅花学園バレエ講師